FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
お久しぶりです^^
もはや放置がデフォですすみません、、、

今年一年ほぼ黒バス、もとい青黒中心にコスプレしてきたんですが、データも溜まってきてまとめたいな~とかねがね思ってたのでまとめてみました!いつも付き合ってくれる斎児!!ありがとう!!!いまだに五秒以上直視出来ないくらいには君の青峰が好きだ

「黒子テツヤ」というキャラクターで「青峰大輝」というキャラクターと接するということ。パス回し以外特に能力の持たない彼にとってパーフェクトプレイヤーである青峰に対する感情ってどんなだろうと考えながら編集してみました。
とか言って本人青黒厨故にカップリング要素が恐らく滲み出てる気がするので、苦手な方はUターンしてね^^
そして拙い加工な上に感情高ぶって編集したため、やりたかったことの半分もできてない実に不完全燃焼な編集なので、後ほど画像達に込めきれなかった想いを補足しときます(結局)画像まとめた意味・・・


追記からドゾ!
もしかしたらPCからじゃないと見れないかもしれんです・・・(クズ)


黒子テツヤ…MIYU
青峰大輝…斎児

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







青黒組画像







青黒組画像中

青黒組画像2









▼黒子テツヤと青峰大輝
「バスケ以外はまったく気の合わない二人」
性格・体格・考え方・バスケのスタイル…全部が全部同じところがなくて、だからこそお互いの足りないところを補える一番相性がよかったコンビなんだなあと、
でもそれってもちろんお互いの悩みも違って、周りのプレイヤーでは物足りない青峰・努力をしたってたどり着けないモノがある黒子、お互い抱えているものがわかっていて、頭では理解をしてあげられてはいるんだけど、「分かち合う」ってことは絶対にできない(してあげられない)
最も息の合ったコンビと言われつつも常に崩壊との隣り合わせだった二人で、青峰の才能開花と共に亀裂が入っていくわけですが、中学三年生の彼らにはしょうがないことだったのかなあ…

テツって何度も言うけど(ツイッターとかでは恐ろしく何度も呟いてますが)青峰とは本当に対照的で、自分にないものをすべて持ってる青峰をきっと本当に尊敬していて、彼のバスケが大好きだったと思う。初めて自分を認めてくれて、自信を持たせてくれて、常に一番近い位置で彼のプレーを見て、テツのそれまでのバスケ人生の中で最も楽しい時期だったんだろうな…だからこそあのテツがバスケが嫌いになる時期を作ってしまった。
「もう一度青峰君の笑ってプレイする姿が見たい」
画像の中では少し変えてしまったんだけど、憧れだった彼の姿が見たい、そんな彼にバスケの楽しさを思い出してほしいっていう反面、少しの意地とエゴもあったんだと思った台詞。
大好きなプレイヤーの大好きなプレーを見るために、新しい「光」と共に立ちふさがる、なんて少しどころの意地じゃないような気もするけれど。笑
彼の為にここまで頑張れる人間はテツだけだし、テツがそこまでする人間は青峰大輝ただ一人だと思います。





青黒厨の戯言でした^q^


また高校青黒の二人とか青峰の感情をメインにまとめたいな~!



スポンサーサイト
[ 2012-11-06 (Tue) 16:43 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:黒子のバスケ
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://jill69.blog71.fc2.com/tb.php/8-395d3452
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。